素人でもweb制作ができる!?

昔は制作ツールが高価で無料で作るには知識が必要だった

web制作は専門家など、ごく限られた人しかできないというわけではありません。ただ、昔はweb制作を素人が行うにはハードルが高かったことも確かです。なぜ、昔は難しかったのかというと、まず、制作用のツールがあまりなかった、そして値段が高かったことが挙げられます。そのため、一般人が無料でweb制作をするためにはOSに付属しているエディタなどを利用するしかなかったわけですが、エディタでホームページを作る場合、HTMLやCSSの知識がかなり求められるので、素人には困難だったわけです。
また、ブラウザごとにHTMLの独自拡張があり、あるブラウザでは正常に表示できるのに、別のブラウザでは表示されないタグが多く、そういった違いを覚えるのも大変でした。

CMSが普及したことで文章を書くだけでよくなった

では、今はどうかというと、素人でも簡単にweb制作ができるようになっています。なぜそういう状況になったのかというと、ブログを筆頭にCMSが普及したからです。
昔はレイアウトを一から決めてHTMLとCSSで書き起こす作業が必要でしたが、CMSの場合、レイアウトの制作、そしてカスタマイズを一から行う必要はありません。テンプレートが最初から用意されていますし、カスタマイズもボタンを押して調整することで簡単にできます。
では、ホームページを運営する人はなにをすればいいのかというと、ページに掲載する文章を書き、タイトルを決めて投稿ボタンを押すだけです。すると、自動的にページが作成され、サイト内リンクも自動的に張られます。